; 意外と知らない、MVNOとは?【ネット用語をわかりやすく解説】 - Wi-Fiぺディア

意外と知らない、MVNOとは?【ネット用語をわかりやすく解説】

投稿日:

Q&A2

普段、何気なく繋いでいるWIFIですが、たくさんの用語が出てきますよね?

SSID、ルーター、プロバイダー、暗号化キー、MVNOなどなど・・・。

でも、内容を理解している人は殆どいないと思います。

さて、今回はインターネットに接続をするときに必要になる、『MVNO』について解説をしたいと思います。

MVNOとは?

MVNOって2017年くらいから良く耳にするようになりましたよね?

そう、格安ケータイが流行り始めたあたりからみなさんも良く聞くようになったと思います。

でも、ぶっちゃけMVNOって良くわかりませんよね。MNPとは違うみたいですよ。

そこで今回は、簡単にわかりやすくMVNOについてご説明します。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)

は、日本語で仮想移動体通信業者といいます。

うーん、全然難しすぎて何を指しているか分からない・・・。

簡単に言うと、

携帯電話や無線通信に使用される電波を他社(例:NTTなど)から借りてサービスを

提供している事業者になります。

実は意外と歴史は長く2001年に初めてMVNOを活用したサービス事業が出ています。

格安ケータイの登場で今では多くの企業がMVNOを利用してサービスを拡大しています。

そもそもMVNOが生まれた背景

MVNOが出てくるまでは、電波を使える企業がものすごく限られた中でサービスが行われていた。

そうすると、ユーザーにとっては決められた企業からしかサービスを受ける事が出来ず、

また他の企業もサービスを始めたくても電波が利用できず、参入する事が出来ない状態で

ユーザーにとっても他企業にとってもとても恵まれた環境ではなかった。

そんな状況を打破したのがMVNOの登場になります。

企業は電波のインフラだけを借りる事で自社の強みを出すことができ、

ユーザーは様々なサービスを出している企業を選ぶことが出来るようになったんだ。

例えば・・・

音楽に強いMVNO

SNSに強いMVNO

映像に強いMVNO

 

みたいな感じで各社色んな強みを出すことが可能になった。

最近では当たり前になったMNPを利用して魅力的なプランを打ち出している事業者へ

ユーザーも簡単に移行できるようになったのも追い風となっている。

MVNOが販売しているSIMは格安SIMと良く呼ばれているものになります。

恐らく皆さんには格安SIMの方がなじみ深いですよね。

MVNOとMNOの違い

MVNOとMNOの違いは、自社で電波サービス網を持っている事業者(MNO)か電波を借りている事業者(MVNO)かの違いになります。

因みに、MNO(移動体通信事業者)=自社で用意
した回線をユーザーに提供する事業者という意味です。

MNOに所属する事業者:NTTdocomo、au、SoftBankなどです。

MVNOメリット/デメリット

メリット

〇スマホ利用などの月額料金が比較的安い

最大の特徴は、利用料金が大手通信業者と比べて格段に安いことです。

何故、安く出来るかというと、サービスを絞り自社が得意としている領域の

サービスに絞ってユーザーへサービスを提供している為だからです。

後はCostを最小限にしているという背景もあります。

店舗を持たず、オンラインで契約などを行い運営コストを抑えているなど。

〇様々なプランから自分に合う事業者を選ぶことが出来る

MVNO事業者では大手通信事業者に比べ、自分にあったプランを契約しやすいのが特徴です

特にユーザーが気にするデータ容量を、細かく選んで選ぶ事が出来たり

電話機能を付けるか選べたり、特定のSNSを使い放題にしたりするプランを選べたりなど。

〇契約上の縛りが少ない事が多い

大手通信事業者の場合、2年縛りや4年縛りがありますよね?

MVNOでは契約期間が大手通信事業者に比べ少ない事や無い事が特徴です。

音声SIMを契約した場合は契約期間が発生する事が多く、データ通信のみのSIM契約では

利用期間中に縛りが無い、もしくは少ない事が多いです。

音声付でも2年以内の事が多く、違約金という今まで不満だったポイントも解消しやすい傾向になってます。

デメリット

MVNO事業者毎に通信品質や速度が違う事

通信品質や速度は借りている大元の電波事業者によって大きく影響をMVNOは受けてしまいます

良くあるのが、昼の時間はデータ通信が混雑し速度が遅くなり、夜になると早くなるなど

都内はデータ通信が混雑し速度が遅く地方はデータ通信が早くなるなど・・・

MVNOによってはサービスが安定していない環境の場合もあります。

最近では大手と比べても遜色ないMVNOも登場してます。

主なMVNO事業者紹介

〇楽天mobile

〇UQモバイル

〇DMMモバイル

〇Y!mobile

〇mineo

 

最後に

2020年では5Gという更に高速な技術が登場しようとしています。

今後もインターネットの技術はとどまる事を知りませんね。

今回は、MVNOについてどんなものかを解説してきました。

【GMOとくとくBB】キャッシュバックで超絶お得!

とくとくBB WiMAX2+

工事不要で届いた日からインターネットが楽しめるモバイルWi-Fiルーターとして大人気。

サポート体制も万全の人気プロバイダです。

おすすめポイント

  • 市場最安値級!月額2,690円〜
  • 端末代0円
  • 送料無料

最大38,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

【SoftBank Air】通信制限なしの高速通信!

SoftBank Air

携帯料金とまとめて、お得にWi-Fi環境が整います。

データ容量制限なし、お手軽カンタンWi-Fi高速インターネット!

おすすめポイント

  • 通信制限なしの使い放題
  • 初期工事不要で電源を入れるだけ
  • 最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

他者からの乗り換え時にかかる解約金などの費用を完全負担してくれます。

【Yahoo! WiFi】月額業界最安値のモバイルルーター

期間限定値下げキャンペーン開催中!!

Yahoo!プレミア会員限定のお得な特典が超盛りだくさん!

おすすめポイント

  • 機種によっては、なんと月額1,980円!
  • 送料0円、端末代0円、家でも外でも高速インターネット
  • たっぷり使える月間データ容量制限なし!

最新のモバイルルーターをお得にゲットするならYahoo!Wi-Fiです。

【UQWiMAX】ガチャピンムックが目印

《お客様満足度No.1》《販売実績No.1》

モバイルアワードのキャリア総合部門で最優秀賞を獲得する実力派!

  • 家でも外でもインターネット!モバイルルーターは持ち歩き可能
  • 工事不要!回線を引く時間もお金も不要
  • 即時開通!端末が届けばすぐに利用が可能です。

 

-用語解説

Copyright© Wi-Fiぺディア , 2019 All Rights Reserved.

//checkboxカウント